☆想いのままに不定期更新ブログ☆日々感じた事を綴っています。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
お手伝いする側、される側
May I help you?

外国の方は、この言葉をとても自然に言うことが出来ると、以前何かの番組で言ってました。
ところが、日本人はどうでしょうか?

この言葉、なかなか自然には出ないそうです。
その背景について、少し勉強しました。

日本の公共交通機関には、優先席と言うものが設置されていますが、これがまた、ちっとも優先席になっていないのが現状ですよね?

優先席と言うのは、優先すべき人が乗車して来た時に優先的に座れる席。

多分、こんな感じでみなさん理解してるとは思うのですが、この『優先すべき人』ってどんな人でしょう?

例えば、この質問に『お年寄り』と答えた人がいたとしましょう。
では、お年寄りとはどんな人でしょう?

皆さんは、年齢で区別しますか?見た目で区別しますか?

実は、後者の方がより近い『優先すべき人』なんですよね。
とは言ってもどちらも間違いではありません。公的には65歳以上の方は老人扱いですからね。
昨今の日本は65歳でもまだまだお元気な方はたくさんいらっしゃいますから、お元気な65歳を『優先すべき人』にしてしまうのは逆に失礼になるかもしれません(笑)

『この人は、座った方が身体に負担がなくなるかな?』
と考えて、座った方が良いと考えたとしても、なかなか『どうぞ。』の一言が言えなかったりもします。中にはいきなり睡魔に襲われてしまう人もいますよね?

こんな淋しい日本にしないためにも思いやりの心がもっと育てばいいなぁと思います。

そんなことを学びました。

声を掛ける勇気。
今の日本人に足りない勇気です。自然に人が思いやれる人が増えたら、嬉しいな。

もちろん、その時には日本人ですから、

『何かお手伝いすることはありますか?』
『私に出来ることはありますか?』

で、いいんですよ♪英語なんて使わなくてももちろんOKです☆
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | チャレンジ | コメント:0 | top↑
<<公共交通機関で・・・ | 前に進めっ! | 遂に始動!>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 前に進めっ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。